トップイメージ

志摩半島の紹介

志摩半島(しまはんとう)は、三重県の中部に位置する半島。南側を熊野灘、東側を遠州灘、北側を伊勢湾に囲まれている。古くは志摩国のうち、渥美半島の伊良子を除く地域と伊勢国の東側を指す。

リアス海岸が発達し、伊勢神宮などの歴史的遺産と風光明媚な事からその殆どが伊勢志摩国立公園となっている。

リアス式海岸の特徴を生かし、英虞湾、的矢湾、鳥羽湾、今浦湾などでは真珠貝や牡蠣、アオサの養殖が盛んである。また、志摩半島から伸びる海底地形はなだらかである為、海底光ケーブルの陸揚げ地に適し、2002年以降世界最大の陸揚げ地となっている。

最新情報

おすすめリンク

ベースの初心者から上達DVD エレキベースの練習DVD
耳鳴り治療 耳鳴りの原因と治療法
中国語の入門書 現役プロ翻訳者による中国語の発音と会話講座
職場の人間関係 職場のコミュニケーション力
相続と遺言の手続き 相続と遺言の手続きを解説

伊勢の紹介

伊勢市(いせし)は、三重県南東部の市である。

伊勢神宮の門前町として江戸時代から発展、明治から昭和にかけて参宮鉄道線(現、JR東海参宮線)・参宮急行電鉄本線(現、近鉄山田線)・伊勢電気鉄道本線(後、参宮急行電鉄伊勢線・1942年廃止)など鉄道が次々と開通したことにより参詣客が増加し、さらに国家神道の元で戦前は「神都」として国威発揚の場ともなった。「皇紀2600年」にあたる1940年(昭和15年)には、約800万人が参宮のためにこの市を訪れたという(当時の市名は「宇治山田市」)。平成15年度現在も年間約550万人の観光客が訪れる。

一部wikipediaより引用

 

Copyright (C) utukushii.net All Rights Reserved.